街なか学習プログラム  特別プログラム:TOYAMA謎解きミステリーウォーク   new !


街なか学習プログラム:特別プログラム

『TOYAMA謎解きミステリーウォーク』団体申込み受付中!

<街なかで楽しめる、本格謎解きプログラム>

富山城址埋蔵品盗難事件編

富山の街なかで、銘菓やスイーツを味わい、
面白い文化体験を楽しみ、頭をフル回転させて謎を解く!

このイベントで富山の街なかのことがもっと好きになる!

◎詳細はこちらをご覧ください! →事件概要資料(pdf) →事件のあらまし(pdf)
◎8月20日プレイベントを開催しました →プレイベントの様子(pdf)

◎オプションとして街なかの銘菓・スイーツと引き換えできるチケットの発行が可能です。
(チケット3枚で500円)正解者に商品を出すことで、よりイベントが盛り上がります!

◎街なかをめぐる中、富山市の文化施設で富山の歴史文化を学ぶワークシートを盛り込むことができます。
【対象施設】富山市郷土博物館(富山城)、富山市

◎先用後利、富山の薬、富山藩の歴史、神通川の歴史、ます寿司文化、ガラス文化などを実際に見て触れて、味わって学ぶことができます。

◎同時に富山市内できる文化体験も受付しています。 →街なか学習プログラム(pdf)  →料金表(pdf)

①ます寿司作り体験
②松川遊覧船&ます寿司発祥の地七軒町にて老舗ます寿司めぐり
③富山独自のガラス文化、ガラスのアクセサリー体験
④富山の歴史・文化を学ぶ各種講座(富山の水の豊かさ、富山の薬文化、富山の環境政策など)

事件解決までの流れ

事件概要確認 → 街を巡って確認したアリバイ、ヒントを集める → 事件を推理・解決

事件の内容

舞台は富山城址公園、埋蔵品発掘現場。発掘された前田家の埋蔵品が盗まれた。
犯行時間は13:00~13:30の間、犯行現場の事務所はひどく荒らされていた。
外部の人間による泥棒かと思われたが、富山市立探偵課の探偵ペロリッチは、内部の関係者による犯行と考え、犯人の可能性がある4人を容疑者として呼び出した。
しかし、容疑者4人にはアリバイがあった。
アリバイを確認すべく、ペロリッチは街なかでの聞き込み調査を開始した。
(ペロリッチはちょっと頼りない面があるので、みんなでサポートしてあげよう!)

登場人物紹介

【富山市立探偵ペロリッチ】
新設された富山市立探偵課の文字通り市立探偵。とある調査で富山の魅力に惹かれ移住してしまった探偵。惚れっぽくて美味しいものに目が無い。時には義理堅い一面も。探偵としての腕は一流…なのか!?

【探偵事務所助手マチコ】
富山市立探偵課の事務員さん。富山の魅力に惹かれ東京から移住してきた女性。
涙もろいが怒ると怖い。時には上司に怒ることも…

【探偵助手:僕】
新人探偵助手としてペロリッチと行動を共にする。(イベントに参加するみなさん自身です)

市立探偵ペロリッチ
(c)TOYAMACITY/DLE

助手マチコ


後援 富山市、富山市教育委員会
協力 NPO法人富山観光創造会議、まちの駅駅長会
事務局 中部観光株式会社、一般社団法人地域観光マネジメント