【高岡市 散策オススメスポット】きときと・パノラマ・ものづくりバスツアー



高岡市 山町筋土蔵造りの街並み(重要伝統的建造物群保存地区)


山町筋の始まり

高岡の町が開かれたのは、慶長14年(1609)加賀藩第二代藩主の前田利長が高岡に隠居城と城下町を建造したときのことです。山町筋は加賀藩前田利長が高岡を発展させようと、近隣の城下町から町人を招いて住まわせた商人の町です。

大火と復興
土蔵造りの町家が造られたのは、市街地の約6割を焼き尽くした明治33年(1900)6月27日の高岡の大火の跡のことです。山町筋の復興にあたっては当時の防火建築物である土蔵造りが建てられました。
土蔵造りのまち並み

土蔵造りのひとつひとつが伝統的建造物として見事であるばかりでなく、それらが軒を連ねる景観は高岡商人の中心地として繁栄したこの地区ならではのもの。また、町並みのなかに建つレンガ造りの銀行や洋風のファザードを持つ町家などが町並みに変化を与え、特色ある歴史的景観をよく伝えています。





 


①街並み散策の拠点:ユネスコ無形文化財登録高岡御車山会館

(営業開始時間9:00~)https://mikurumayama-kaikan.jp/
豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に迎え奉るときに使用した御所車を、加賀藩祖前田利家が拝領し、高岡開町の祖・二代前田利長が1609(慶長14)
年、高岡城を築くにあたり町民に与えられたのが始まりとされています。
御車山は御所車形式に鉾を立てた特殊なもので、金工、漆工、染織等の優れた工芸技術の装飾がほどこされた日本でも屈指の華やかな山車です。
ものづくりのまち高岡”の工芸技術や地域の文化を紹介する拠点施設です。



②高岡市土蔵造りの街資料館

(営業開始時間9:00~)
高岡屈指の商家であった室崎家。贅を凝らした土蔵づくりの家。現在は転居した後の家を高岡市が資料館として整備。
公開しています。館内見学と山町筋の歴史と伝統について解説を聞くことができます。


③高岡大仏 奈良・鎌倉と並ぶ日本三大仏のひとつ

日本三大仏に数えられる高岡大仏は、地元の銅器製造技術の粋を集め、1907年より26年の歳月をかけて完成したものです。出来栄えが素晴らしいことから、日本一の美男とも呼ばれ銅器日本一の高岡の象徴的存在で愛され続けています。
※散策の休憩にお休み処「高岡大仏茶屋」をご利用ください。


④漆器くにもと
http://www.kunimoto-japan.com/(営業開始時間10:00~)


漆器の製造・卸売会社として明治42年に創業以来、伝統的工芸品「高岡漆器」の多彩な加飾技術、「青貝塗」「彫刻塗」「勇助塗」を用いて、お盆・箱物(飾箱、文箱や硯箱)などを生産してきました。
現在は、「使える」「身につけられる」ものをテーマに、伝統の技術を用いた日用品やアクセサリーを開発・販売し、「ものづくりの町高岡」で新しい挑戦を続けています。
螺鈿(らでん)体験4名から実施 事前予約 @2,500円(所要時間40分~60分)
事前予約をいただければ、漆器くにもとでの螺鈿箸づくりまたはアクセサリー作りが可能です。

現在の山町筋は現在若者たちが新たな店舗を構え、伝統と若い感性を融合させながら

発展を続けております。


⑤はんぶんこ 

http://hanbunko.org/(営業開始時間11:00~)
はんぶんこは、モノづくりを軸にした複合施設(プラットフォーム)です。ギャラリーの横には工房が併設。


⑥山町茶屋

http://yamachochaya.jp/(営業開始時間1~2月10:00~3月11:00~)
山町筋の中間に佇む町屋カフェ。老舗大野屋の銘菓とこなつやスイーツを提供。
また地元産のこだわりのドリンク(お茶・コーヒー・ジュース等)を提供します。


⑦COMMACAFE STAND

(コンマ・カフェスタンド)(営業開始時間11:00~)
山町筋の一番はじにあるカフェ。たっぷりカスタードクリームのシュークリームが人気です。
散策途中の休憩にご利用ください。 ※シュークリームのテイクアウトも可能です。


⑧とこなつ本舗大野屋

http://www.ohno-ya.jp/(営業開始時間8:15~)
高岡の通称「山町筋」で菓子屋を営み続け現当主で9代目を数えております。

代表銘菓「とこなつ」、大人が愉しめる和菓子の季節や行事に合わせ生まれた美しい造形、さらには富山県産コシヒカリや国産生姜を組み合わせた高岡ラムネは職人の手作りラムネです。